ローンがまだ残っている場合はどうなる?

車を購入する際、一般的には銀行でマイカーローンの融資を受けたり、ディーラーと提携しているクレジット会社でクレジット契約をしたりします。
なかなか一括現金払いで買えるほど、安い品物ではありませんので。
そんな割賦契約で購入した車ですが、買取査定に出したいという場合、必ずしも借金を全て支払い終えているわけではありません。
買取査定を出した頃に、まだローンが残っているという方もいらっしゃることでしょう。
実は、まだ借金が残っている状態で車を売却しようとしても、それはできません。
割賦契約をする際に、借金を完済するまでの間、車の所有権は銀行やクレジット会社にあるからです。
ですので、いくら名義人の人が車を売りたいと思っていても、銀行やクレジット会社が認めてくれない限り、それはできません。
では、そういったときにはどうすればいいのでしょうか。
まずは何より、銀行やクレジット会社に相談をすることです。
その上で、いくつかの選択肢があります。
まずは、一括で借金の返済を求められるケースです。
これですと、返済はかなり大変になります。
もう1つは、所有権を解除して、その後もしっかりと借金を分割して返済をしていくという方法です。

ライブチャット AV