装備品やオプションが付いている場合、査定金額は変わるのか?

車には、様々な装備品やオプションというものが付いております。
こういったものは、車の買取査定に影響を及ぼすものなのでしょうか。
結論としては、イエスです。
装備品は、車の買取査定にいくらかの影響を及ぼします。

その中でも最も影響を及ぼすのが、いわゆる「メーカーオプション」というものです。
これは、自動車メーカーが製造をするときに取り付けをするもののことです。
この商品の特徴としては、あとから取り付けることはできない、もしくは取り付けできたとしても非常に困難であるということです。
エンジンで言えば、ターボ機能のあるエンジンなどがこれに相当します。
シフトで言えば、パドルシフトをハンドルに装備している場合が、これです。
ボディで言えば、サンルーフなどは、なかなかあとから取り付けをするkとはできません。
そしてその他の機能としては、最近流行のアイドリングストップシステムや衝突回避システムなども、メーカーの装備品になります。
これらはかなり影響を及ぼします。

もちろん、あとから取り付けが容易な装備品に関しても、影響があります。
その中でも最も影響が大きいのが、カーナビでしょう。
装備品の中では、比較的高額の部類に属します。

ライブチャット AV