車検の満了日が近い場合は車検を受けた後に査定した方が良い?

車を走らせるためには、2年に1度、車検を受けなければなりません。
これを受けていない車は、公道で走行することが禁止されているのです。
車の買取においても、2年近く期間が残っているものの方が、満了間近の車よりも買取査定は高くなる傾向にあります。
それならば、買取査定を有利にするため、あえて満了間近の車の車検を取得したほうがよいということでしょうか。
それは違います。
買取店側からしても、そのようなことをされたからと言って、価格をアップさせにくい事情があります。
車の検査というのは、法定費用とその他の費用に分かれます。
法定費用というのは、印紙代や自賠責保険、そして重量税のことを言います。
これらの費用は、どこで検査をしたとしても同じ料金が発生します。
それ以外の料金に関しては、検査を受ける場所によって異なります。
もし、買い取りをするお店が整備工場などを併設していれば、自前の施設で検査や整備を行うことができ、その分費用を安くすることができます。
期間間近の車を持ち込むのであれば、そのまま持ち込んだほうがむしろ高く買い取ってもらえます。
自分で検査を受けて、その分の費用をアップさせろといっても、それはなかなか難しい話です。

ライブチャット AV