車にキズがある場合は直して査定を受けた方が良い?

車の買取査定に出すとき、いくつかのマイナス要因があります。
そのうちのひとつに、キズというのがあります。
傷があると、買取査定は大幅なマイナスになります。
では、そういった傷は修理をしてから買取を依頼した方がいいというのでしょうか。
それはケースバイケースです。
傷の種類によります。

まず、小さな傷の場合です。
例えば、ドアの鍵穴周辺に、鍵で引っかいてしまったような小さい傷。
また、洗車機に突っ込んで洗ったため、ボディーに細かい傷がついてしまったというような場合です。
こういった場合には、自分である程度直してもいいでしょう。
カー用品店に行くと、コンパウンドというものが売っております。
そのコンパウンドで、ある程度の小さな傷は直ります。
直るというより、目立たなくなります。
車にワックスをかけても、目立たなくなるものです。

一方で、大きな傷の場合には、自分で直そうとしないほうが賢明です。
大きな引っかき傷や車の塗装がはげているほどの深い傷の場合、おとなしくその部分を説明して金額を出してもらった方がいいでしょう。
自分で直そうとすると、かえって失敗をしますし、自分で修理業者に持っていったとしても、とても割に合わないからです。

ライブチャット AV