リサイクル料金は戻ってこない?

新車を購入するときには、リサイクルをするために必要になる料金を、先に支払わなければいけません。
この料金は、廃車にするときに必要になる料金を、購入時に先に支払っているのです。
しかし、購入した自動車を廃車にせず業者に買取りをしてもらった場合には、購入時に支払った料金が無駄になってしまいます。
初めて買取をするときには、戻ってくるのか戻ってかないのか、不安になる方も多いでしょう。
購入時に支払ったリサイクル料金は、業者に買取りをしても戻ってきます。
ただし、戻ってくる方法は、業者によって異なります。
業者に自動車を引き取ってもらうと、査定金額を受け取ることができます。
リサイクル料金は、この査定金額に含まれていることもあれば、別に受け取ることもあります。
どちらのシステムになっているかは、業者に尋ねておきましょう。
ほとんどの業者は説明をしてくれますが、なかには説明をしてくれない業者もいます。
もし別に受け取るシステムになっていて、気付かずに買取りが終了してしまえば、本来戻ってくるはずの料金を受け取れないこともあります。
損をしないためにも、忘れたり恥ずかしがったりせず、必ず業者に説明を求めて確認しましょう。

ローンがまだ残っている場合はどうなる?

車を購入する際、一般的には銀行でマイカーローンの融資を受けたり、ディーラーと提携しているクレジット会社でクレジット契約をしたりします。
なかなか一括現金払いで買えるほど、安い品物ではありませんので。
そんな割賦契約で購入した車ですが、買取査定に出したいという場合、必ずしも借金を全て支払い終えているわけではありません。
買取査定を出した頃に、まだローンが残っているという方もいらっしゃることでしょう。
実は、まだ借金が残っている状態で車を売却しようとしても、それはできません。
割賦契約をする際に、借金を完済するまでの間、車の所有権は銀行やクレジット会社にあるからです。
ですので、いくら名義人の人が車を売りたいと思っていても、銀行やクレジット会社が認めてくれない限り、それはできません。
では、そういったときにはどうすればいいのでしょうか。
まずは何より、銀行やクレジット会社に相談をすることです。
その上で、いくつかの選択肢があります。
まずは、一括で借金の返済を求められるケースです。
これですと、返済はかなり大変になります。
もう1つは、所有権を解除して、その後もしっかりと借金を分割して返済をしていくという方法です。

装備品やオプションが付いている場合、査定金額は変わるのか?

車には、様々な装備品やオプションというものが付いております。
こういったものは、車の買取査定に影響を及ぼすものなのでしょうか。
結論としては、イエスです。
装備品は、車の買取査定にいくらかの影響を及ぼします。

その中でも最も影響を及ぼすのが、いわゆる「メーカーオプション」というものです。
これは、自動車メーカーが製造をするときに取り付けをするもののことです。
この商品の特徴としては、あとから取り付けることはできない、もしくは取り付けできたとしても非常に困難であるということです。
エンジンで言えば、ターボ機能のあるエンジンなどがこれに相当します。
シフトで言えば、パドルシフトをハンドルに装備している場合が、これです。
ボディで言えば、サンルーフなどは、なかなかあとから取り付けをするkとはできません。
そしてその他の機能としては、最近流行のアイドリングストップシステムや衝突回避システムなども、メーカーの装備品になります。
これらはかなり影響を及ぼします。

もちろん、あとから取り付けが容易な装備品に関しても、影響があります。
その中でも最も影響が大きいのが、カーナビでしょう。
装備品の中では、比較的高額の部類に属します。

車検の満了日が近い場合は車検を受けた後に査定した方が良い?

車を走らせるためには、2年に1度、車検を受けなければなりません。
これを受けていない車は、公道で走行することが禁止されているのです。
車の買取においても、2年近く期間が残っているものの方が、満了間近の車よりも買取査定は高くなる傾向にあります。
それならば、買取査定を有利にするため、あえて満了間近の車の車検を取得したほうがよいということでしょうか。
それは違います。
買取店側からしても、そのようなことをされたからと言って、価格をアップさせにくい事情があります。
車の検査というのは、法定費用とその他の費用に分かれます。
法定費用というのは、印紙代や自賠責保険、そして重量税のことを言います。
これらの費用は、どこで検査をしたとしても同じ料金が発生します。
それ以外の料金に関しては、検査を受ける場所によって異なります。
もし、買い取りをするお店が整備工場などを併設していれば、自前の施設で検査や整備を行うことができ、その分費用を安くすることができます。
期間間近の車を持ち込むのであれば、そのまま持ち込んだほうがむしろ高く買い取ってもらえます。
自分で検査を受けて、その分の費用をアップさせろといっても、それはなかなか難しい話です。

車にキズがある場合は直して査定を受けた方が良い?

車の買取査定に出すとき、いくつかのマイナス要因があります。
そのうちのひとつに、キズというのがあります。
傷があると、買取査定は大幅なマイナスになります。
では、そういった傷は修理をしてから買取を依頼した方がいいというのでしょうか。
それはケースバイケースです。
傷の種類によります。

まず、小さな傷の場合です。
例えば、ドアの鍵穴周辺に、鍵で引っかいてしまったような小さい傷。
また、洗車機に突っ込んで洗ったため、ボディーに細かい傷がついてしまったというような場合です。
こういった場合には、自分である程度直してもいいでしょう。
カー用品店に行くと、コンパウンドというものが売っております。
そのコンパウンドで、ある程度の小さな傷は直ります。
直るというより、目立たなくなります。
車にワックスをかけても、目立たなくなるものです。

一方で、大きな傷の場合には、自分で直そうとしないほうが賢明です。
大きな引っかき傷や車の塗装がはげているほどの深い傷の場合、おとなしくその部分を説明して金額を出してもらった方がいいでしょう。
自分で直そうとすると、かえって失敗をしますし、自分で修理業者に持っていったとしても、とても割に合わないからです。

査定を受ける前に洗車をした方が良い?

できれば車を買取ってもらう際には高値を付けてもらえた方が嬉しいものです。
やはり高値が付くと嬉しいものですし、反対に予想よりも低く買取られてしまうとガッカリする結果になってしまいます。
その為にはきちんと準備をしてから車を査定に出す事が大切と言えますが、どういった準備を行えば良いのかと言いますと、まず基本的な事として洗車が挙げられます。
ただ、洗車をしたからといって買取価格が劇的に変化する事はありません。
その為、価格のアップを直接的に目指すというよりも印象を良くする為に磨く事になります。
なぜなら査定をしてもらう時に車が汚れた状態ですと、あまり良い印象を持たれません。
状態によってはマイナスのイメージを与えてしまう事になりますので、それでは高値を付けてもらう事が難しくなります。
やはり印象を良くしておいた方が高値を付けてもらい易くなりますので、その為にもきちんと磨いておく必要があるのです。
また、外観を綺麗にするだけでなく、車内を清掃する事も大切です。
特に臭いには注意しなければいけません。
煙草などの強い臭いは減額に繋がってしまう事もありますので、もし臭いが付着している場合にはきちんと消臭をしておく必要があります。

査定を受ける前に用意しておくものは?

車の買取査定を受ける前には、あらかじめ用意をしておいた方が良いものがあります。

まずは、これを持っていたほうが買取価格がアップするというようなものです。
まずは、各種説明書です。
最近では、車の操作も複雑になっておりますので、車の説明書。
装備品の説明書も、カーナビやカーオーディオ、そしてETCなどの説明書などがあると、査定に大きく有利となります。
電装品などの場合は、一緒に保証書もあるといいでしょう。
純正パーツがあれば、それも準備しておきましょう。
現在社外品が取り付けられているという場合、人によっては純正を好む人もいます。
いつでも脱着できるように、パーツも準備しておくのです。

また、車の売却の際に必要なものも準備しておきます。
まずは、印鑑証明書です。
名義変更をするときには、印鑑証明書が必要となります。
印鑑登録をした印鑑、つまり実印も必要となります。
さらに、車に関する書類も用意しておく必要があります。
車検証や自賠責保険の保険証券、そして自動車税の納付済み書などをしっかりと準備しておきましょう。
あと、リサイクル券も必要になりますので、忘れないように。
印鑑証明書に関しては、発行までに結構時間がかかる場合もあります。

出張査定は有料?無料?

通常、車の買取査定を希望する場合には、希望者が買い取り業者の店舗まで車を持っていくものです。
しかし、場合によってはそれが不可能な場合もあります。
買い取り店舗が遠方にあり、あまり運転に自信がないという場合。
さらに、買取査定を希望する車がたくさんあるので、とても一人では持っていけないような業者の方。
さらに、車検切れの車などは、公道を走ることができませんので、自分で買取店舗まで持っていくのはほぼ不可能です。

そういったときには、出張買取という手があります。
業者の方がこちらまで出向いてくれて、料金をはじき出してくれるのです。
これは非常に便利なことなのですが、ここで気になることがあります。
出向く際、その料金というのは無料なのでしょうか、それとも有料なのでしょうか。

それは、業者によります。
トラックなど、大型の車を多く扱っている業者の場合には、出張をする機会というのが多くなります。
その分金額も多くなりますので、料金を取らないところもあります。
ただし、価格から引かれている場合もあります。
一方で、マイカーを1台だけ、通常の買い取り業者にお願いをするという場合には、出向いてもらうのに料金がかかる場合もあります。

査定の所要時間は?

車買取専門店で査定する際には、担当スタッフがチェックし見積もりをします。査定時に担当スタッフがチェックするポイントは車検証を確認するほか、車の年式やグレード、ボディカラーを確認します。そのほかエンジンルームなど車の内部を調べます。もちろん傷や損傷、汚れなどがないのかチェックします。そのほかにも確認するポイントはいくつかありますが、買取したあと中古車市場でどのくらいの利益が出るのかが問題なので担当スタッフはこれらの確認するポイントを判断してから見積もります。買取専門店で担当スタッフが車を確認し見積もりが出るまでにかかる所要時間は、最低でも30分かかります。30分という短い時間ですが、自分が今まで乗ってきた愛車にはどのような特徴があるのかピーアールすることがより高く見積もりをしてくれる大切なポイントになります。傷や汚れは減点ポイントにもなるので、あらかじめ自身で汚れや傷がないのかを内装と外装をしっかりチェックしておくことが大切です。もしも汚れや傷が見つかった場合には、洗うことで汚れをしっかり落とすことができます。傷がついている場合、修理に出すと修理代金が発生してしまい、かえって高くなってしまうこともあるので傷がついたままの状態で買取専門店へ行ったほうが良いです。

初めての車の買取Q&A

初めて車を買取に出すときにはわからないことが沢山あるかと思います。
査定の相場が分からないためにボッタクリ価格で買い取られないか、そして買取に関してトラブルにならないか色々な不安があるものです。
不安を抱えたままで車買取りをするのはよくありませんので不安な場合には車買取りサイトのほうに質問をしてみることをおすすめします。
よくある質問に関してはサイトに掲載してくれていますのでこちらを見てください。
大体の質問に関してはこれを見るとわかります、しかしここにも書かれていないものであれば直接入力フォームに質問を書いて質問をするようにしてください。
ちなみによくある質問の内容ですが、車査定の時の料金のことについての質問があります。
大体の場合は出張の場合でも料金がかからないのです。
また、キャンセルをする場合でもお金が発生しません。
その他にも出張で買い取ってもらう場合の範囲のことについても掲載しています。
あと手続きに関する質問などもあります。
手続きはどのようにすればいいのかについてです。大体の場合ば買い取り御者が手続きを代行してくれます。
初心者の方が不安を解消するのには適したページです。
一読しておくことをおすすめします。